特別
講座

1日集中特別

「みんなの日本語」を10倍楽しく!

もっとアクティブな授業に!

1 日本語の教科書といえば「み んなの日本語」!

国内外で使用され、その認知度は世界No.1です。もちろん新しいアプローチの教科書も数多く出版されていますが、国内外の日本語学校の多くは「みんなの日本語」をメインテキストとして使用しています。

つまり「みんなの日本語」が日本語教育のベースになっていると言っても過言ではありません。

しかし、多くの先生がこんなこと感じているのではないでしょうか。

・教師用の手引きも副教材も揃っているのに、何をどう授業に活かしていいかわからない

・教師が主体の授業スタイルから抜け出せず、気が付けば説明型の授業をしている

・完全にマンネリ状態で楽しく教えられない

・日本語学校での授業はルーティンワーク、本当に学習者のための授業ができているんだろうか

・「みんなの日本語」でアクティブな授業をしてみたい!

このようなお話をよくお聞きします。これだけ普及している教科書を使いこなせていないのが現状です。

「楽しい」授業・・・それは学習者が自ら考え、気づき、できるようになること。それをサポートし導くのが日本語教師の役割です。「楽しく」できないのは教科書の問題でも、学校の問題でもありません。教師の腕次第です!

学習者を育てるためには、まず教師が先入観を捨て、「学ぶ」ことです。教師が学ばなければ授業は変わりません。学習者も変わりません。学習者にできる楽しさを与え、コミュニケーション力をアップさせましょう。必ずできます。

本講座では日本語教師歴20年の日本語教育コーディネーターAYAが先生方の気づきを促し、行動に結びつけます。教科書「みんなの日本語」をベースにAYA流の導入方法・会話・それぞれの練習の方法・読解などの教え方をご紹介し、学習者に気づきを促し、アクティブな練習・活動へと導くインストラクションと様々なスキルを理解し実践できるように学んでいただきます。講座は参加者間でのワークの時間もありますので意見交換で理解を深めることができるでしょう。

日本語教師歴の長い短いは関係ありません。また「みんなの日本語」の使用の有無もあまり関係ありません。「みんなの日本語」をベースにどんな教科書にも応用できる日本語教師に必要な「考え方」をお教えします。

【日程・時間】
不定期
9:30~18:45 (一日7時間半レッスン)
午前の部9:30~12:40(途中休憩あり)
午後の部13:40~18:40(途中休憩あり)
※昼食は各自でお願い致します。
【定員】
10名程度
【講師】
日本語教師・インカレックス日本語教育コーディネーターAYA
【会場】
開催場所その都度お知らせいたします。
【対象者】
ボランティア日本語教師・外国人日本語教師・どなたでも ご参加できます。
【当日注意】
テキスト「みんなの日本語I」必ずお持ちください。昼食はお持ちいただくか、会場近くで召し上がるか、各自でお願い致します。
【受講料】
28,600円(税込) 会場費・資料代込
元のページへ▸